達人レベルと目指すのはいつか!?

能ある鷹が目指すべき振る舞いとは!?

何事にも決して目立っているわけでもないのに、話題を豊富に提供して、みんなの心をリラックスさせたり、楽しませたりできる能力がある人はもう達人レベルと言えます。

 

これは物事に対して好奇心が旺盛な人ほど、そのレベルにはやく達することができて、またいろいろなジャンルの人とも交流が深まっていくという相乗効果もあります。

 

もっとも、集中力の高め方を知っているので、一つの道を志して、とても短い時間で瞬く間に達人となる事も可能なのです。

 

そして、いったんある程度の目標ラインをクリアすると、別の目標にシフトして、そこでもさらにプロレベルと極めていくことでしょう。

 

ただし、気を付けなくてはいけないのは、達成した後に自分がいったん満足してしまうと、情熱が失われてあれだけ熱中していたことに対する興味が一気になくなってしまうことが大ありです。

 

このときは、もしかしたら未来のまだ未経験のジャンルの違う方向にベクトルを向かわせて、そこに集中しようとしているのかもしれませんね。