相手が身構える話題を避けよう

場の雰囲気を重くしないこと

悩みについても愚痴としてではなく、実はこうなのだというネタバレ話という形をとって話せば、相手も気楽に耳を傾けることができる。

 

こんなことで困っているのですか、おかしいでしょうといった具合に笑い飛ばしてみるのもいい。

 

とにかくドツボにはまるような深刻な話にするのではなく、明るく、それこと漫画のようなタッチでプレゼンテーションしてみるのもありですね。

 

そうすれば、聞く方も身構える必要がなくなるので、話題の中に入っていくことができます。

 

いつも面白い話をしてくれる、包み隠しのない人という評判になり、人が寄ってくる存在となることでしょう。

 

身構える話も相手も警戒されないことで、うまく流れにのったストーリーの展開が可能になる思います。