手相占いで見る結婚線とは?

あなたの手相は上向き、下向き!?

手相占いは手相を見て占いをするもので、覚えれば比較的親しみやすい占いなのではないかなと思います。

 

中でも結婚線というのは女性の間にとっては有名な手相なのではないでしょうか?

 

結婚線というのは小指のつけ根の近くにある線で、この線の本数や向きで占っていくものです。

 

結婚線がまっすぐ綺麗に伸びている場合は幸せな結婚を暗示しています。

 

もし結婚線が2本あった場合は、2回結婚するということを暗示しています。

 

違う人と結婚するかもしれませんし、同じ人と2回結婚することも考えられます。

 

そして3本以上ある人は回数ではなく多くの異性に愛されることを暗示しています。

 

他にも上向きになっていたり下向きになっていたりすると意味も異なってきます。

 

上向きの場合は結婚運の上昇、下向きの場合は結婚運の下降を暗示しているのです。

 

手相は実は日々変わっていくものなのです。

 

前見た時より長くなっているということもありえるのです。

 

なので一度見て諦めずに定期的に手相を確認してみると楽しいかもしれませんね!