【人が失恋する原因】

運命の相手でなければ失恋はつきもの!

誰でも一度は経験したことがある“失恋”。

 

自分がいくら恋焦がれていても、うまくいかずに失恋・・・なんてよくある話です。

 

私たちは言葉では説明できない、フォーリングや何気ないことをきっかけに時として恋のセンサーが働き相手を好きになってしまいます。

 

――が、恋のセンサーって残念ながらそれほど精度が高くないんです(-_-;)

 

恋のセンサーは“運命の相手”を常にサーチしています。

 

しかし確実に運命の相手を見極められるというよりは、“運命の相手っぽい相手”を見つけられるという程度のもの。

 

だから時々“運命の相手”意外の異性にもセンサーが反応しちゃうみたい。

 

要するに、もしも失恋してしまったら・・・それは恋のセンサーの間違いのせいで、本物の“運命の相手”ではなかったからということです。

 

運命の相手と出会うために、あなたは“運命の相手意外の相手”とは万が一恋に落ちても失恋する必要があります。

 

多くのカップルが失恋する原因は、“運命の相手”を見つけられていなかったからというだけ。

 

失恋って実は別に悲しむ必要のないことなんですよねヽ(*'0'*)ツ

 

だって本当の“運命の相手”は他にいて、あなたとの出会いを待っています!