老けるのが早い人・遅い人の違いとは・・・・?

老けないための大切なルール4つ

30代くらいから顕著に分かれ始める老化速度の差。

 

実年齢は変わらないはずなのになんだか異様に若く見える人、老けて見える人、はたまたただただ年相応なひとと、年を重ねるごとになんだか見た目に差が出てきてしまいますよね。

 

その差って一体なんなのでしょう?

 

調べてみたところ、どうやら普段の食事の影響が大きいみたいです。

 

食生活って即効で見た目に結果が現れるものではないけれど、体に入れるものなのでやっぱり蓄積されたり習慣が続けば数年後、数十年後と目に見える形となって結果が現れてくるらしい。

 

以下に、老化の進行を遅くするための食事法をまとめてみました。

 

老化に気をつけたいひとはぜひ参考にしてみてくださいね〜(*^^)v

 

老けないための食事のルール

  1. 糖質カット
  2. 毎食で野菜を食べる(←緑野菜が理想)
  3. オイルは植物性で上質な物を摂る(←加熱しない方が良い)
  4. 抗酸化物質を含む食品を意識して摂る

 

また、私たち日本人が大好きな白米は炭水化物の化け物です。
エネルギー量が高く、残念ながら摂りすぎると太るし、老けるし、ポッコリお腹の原因にもなります。

 

美味しいですが白米の食べ過ぎには注意しましょう。